骨って何で出来ているの?

骨はなにで出来ているのでしょうか。

 

 

骨は、コラーゲンとカルシウムと水からできています。

正確にはもうちょっといろいろ複雑なのですが、まあまあ

 『だいたいコラーゲンとカルシウムね!あと水ね!なるほどね!』

と思っていただければよいのではと思います。

その中で、コラーゲンとカルシウムはこののような関係性を持っています。↓

鉄骨の中にコンクリートを流し込むと、基礎が出来る

         =

コラーゲンの中にカルシウムを流し込むと、骨が出来る

 

というわけですな。

なので、どちらも必要不可欠なものです。

また、この2つ(水も含めると3つ)のほかにも、補助的に仕事をしている人たちがいます。

○ビタミンDさん(職人歴12年)・・ カルシウムをカラダに吸収させる

○ビタミンKさん(職人歴16年)・・ 「骨をもっとしっかり作りなよ!」って、指示を出す仕事してます

○ミネラルさん(職人歴24年)・・ 骨の維持

 

上記のような現場で働くみなさんによって、丈夫な家・・じゃなくて丈夫な骨が出来るのですね。

ちなみに

○ビタミンDさんは、青魚・きのこ・太陽光 で元気に働き始めます

○ビタミンKさんは、納豆・小松菜 あたりで元気に働き始めます

○ミネラルさんは、アボカド・イチゴ あたりでしっかりとヤル気を出してくれます

 

それぞれの現場のみなさんを労い、栄養補給をしっかりしていきましょう。

ではまた。




_________________________

ヨネカワ治療院は年中無休で開院している治療院です
お身体の不調、つらい部位をぜひご相談ください
必ずチカラになります

ヨネカワ治療院
年中無休(予約がないときに出かけていることあり)
〒309-1626
茨城県笠間市下市毛1008-1
09041378522
予約はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

2022年度の目標