更年期障がいについて

女性は閉経を迎える30代後半~50歳ころになると、

女性ホルモン(名称:エストロゲン)の分泌量がほとんど無くなります。

この閉経前後、各5年間を”更年期”と言い、さまざまな不調が出るようになってきます。

 

女性ホルモン(エストロゲン)の主な効果は?

女性ホルモン(エストロゲン)は、以下の効果を体に及ぼします。

・体温調節のサポート

・皮膚のコラーゲンの合成促進

・精神的な安定

・骨の生成の維持

 

更年期のおもな症状

・体温のコントロールがうまくいかなくなり、暑くなくとも汗が出るときがある

・心のバランスが崩れ、不安定になる

・皮膚や粘膜が弱くなる

・体の各部に痛みが生じる

・集中力が落ちる

 

また、女性ホルモン(エストロゲン)は骨の生成にも影響を与えます。

女性ホルモンの分泌がほぼ無くなることにより、骨が脆くなるのもこの影響です。

 

更年期・・どうすれば良いのか?

じつは、女性も男性ホルモン(テストステロン)が分泌されるのですが、

この男性ホルモンこそがポイントになってきます。

じつは男性ホルモンって、女性ホルモンに変化させることが出来るのです。 

この男性ホルモン(テストステロン)は酵素(アロマターゼ)によって

女性ホルモン(エストロゲン)に変換されるのです。

その効果によって、女性ホルモン(エストロゲン)を一定量保つことができます。

 

どうすれば男性ホルモンは分泌されるのか?

男性ホルモン(テストステロン)が分泌される要因の一つに、

筋トレがあります。

筋トレをすることで、男性ホルモン(テストステロン)が分泌されますので、

それを使用して女性ホルモン(エストロゲン)に変えてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

結果、運動をするといいよ!っていういつも通りの答えに行き着いてしまいました(笑)

でも、もしあなたが更年期障がいで苦しんでいるのであれば、

運動を取り入れてみてはいかがでしょうか?

詳しく知りたい方は、ぜひヨネカワ治療院にご来院ください。

 




_______________

ヨネカワ治療院は年中無休で開院している
治療院です
お身体の不調、つらい部位を
整体技術・整復技術・さらには専門的な
アドバイスにて適切に対応してまいります。
ぜひご相談ください

保有資格:
◎柔道整復師免許
◎ヨガインストラクター資格RYT200
◎上級心理カウンセラー資格

その他の活動
◎ヨガインストラクター育成講座 解剖学講師
◎オンラインヨガ育成講座 メンター業務

ヨネカワ治療院
年中無休
(予約がないときに出かけていることあり)
〒309-1626
茨城県笠間市下市毛1008-1
09041378522
予約はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA