ダウンドッグの注意点

ダウンドッグというポーズがあります。

このポーズは一番と言ってもいいくらい
メジャーで、ヨガクラスでかならず一回は
やるであろうポーズです。

慣れてくるとリラックスしながらおこなえます。

のんびりゆっくり出来るポーズですが、
気を付けなければいけない重要な点があります。

 

注意点 腕の使いかた

画像のように、肘の上下で腕の力の入れ方が
逆方向にしましょう。

なぜこんな動きをしなければならないのか?

それは、
”肩を痛める可能性があるから”
です。

肩には『棘上筋』という筋肉がありますが、

普通にダウンドッグをすると、
その棘上筋の腱の部分を骨で挟んだまま
ポーズをしてしまう可能性があるんですね。

棘上筋ってのが、コレです↓

出展:VISIBLE BODY®

 

ここが棘上筋の”腱”です↓

出展:VISIBLE BODY®

この緑丸のところが、腕を挙げたときに
棘上筋腱を挟むところです。


ヨガをやり始めや、少ない回数だったら
すぐ回復するし大丈夫なんですが、
より深くやろうとするとき、
もしくは毎日繰り返しおこなうことで
この棘上筋腱を痛めてしまい、
「肩を挙げると痛いなぁ・・」
となってしまう可能性があります。

分かりにくいかもしれませんが、以下のやり方でおこなっていただければ解決していきます。

①両手をつく

②前腕を内側に回す

③上腕を外側に回す

④いざポーズに入る

 

・・やはり言葉だけでは難しいですかね(汗

ぜひ実践しながらやり方を知りたいかたは、ヨネカワ治療院まで。




___________________

ヨネカワ治療院は年中無休で
開院している治療院です
お身体の不調、つらい部位を
整体技術・整復技術・さらには専門的な
アドバイスにて適切に対応してまいります。
ぜひご相談ください
必ずチカラになります

保有資格:
◎柔道整復師免許
◎ヨガインストラクター資格RYT200
◎上級心理カウンセラー資格

ヨネカワ治療院
年中無休
(予約がないときに出かけていることあり)
〒309-1626
茨城県笠間市下市毛1008-1
09041378522
予約はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA