262の法則を知っていますか

『262の法則』。

”二百六十二” の法則・・ではなくって、

2-6-2 の法則 です。

 

262の法則って?

262の法則は、簡単にいうと以下の通りです。

 

”組織には2割の優秀な人がいて、

6割の普通の人がいて、

2割の仕事をしない人がいる”

と、いう法則のことです。

足して、10割(全員)です。

 

面白いのはここからで、

たとえば優秀な2割の人が転勤していなくなったとします。

そうすると、真ん中の6割の中から優秀な2割が勝手に生まれてきます

 

また、逆もあります。

仕事をしない2割の人が異動させられ(言い方がひどいですが)ていなくなると、

6割の普通の人からまた怠ける2割が生まれてくるのです。

 

この262の法則は、じつは蜂やアリにも当てはまります。

蜂やアリも集団行動をしていく中で、

2割のめっちゃ働くやつがいる。

そして、6割のほどほどのやつがいる。

そして、2割のめっちゃサボってるやつがいる・・。

これが起こっているのです。

面白いですね。

 

どんな職場でも262の法則が当てはまる

心当たりがありませんか?

職場でも、

アルバイト先でも、

なんだか全然仕事をしない人がいませんか?

そんな人に、「あの人は仕事をロクにしないで困る」とあなたは嘆いていませんか?

 

そうなんです。

どんな職場にも必ず仕事しない人は2割程度存在するのです。

全員で5人の職場だったら、1人。

全員で10人の職場だったら、2人。

全員で20人の職場だったら、4人。

 

この人たちがたとえ何かでいなくなっても、他の人たちから

またある一定数は生まれてしまうのですね。

不思議ですね。

 

このことから分かること

このことから分かるように、職場にはかならず仕事をしない人がいます。

そして、人物は代わったとしても、仕事をしない人がいなくなることはありえません

仕事をしない人はいなくならないのです。

 

この事実を知ることはとても有意義なことです。

「あの人、仕事の邪魔だよ。いなくならないかな~」

と考えることは無駄だということになります。

むしろ受け入れて、そして

「262の法則か。そんなもんか。」

と諦めるのが賢明だと思います。

諦めるのが情けないですか?そんなことはありません。

減ってもまた元に戻るので諦めないでいることは無駄なのです。残念ですが。

 

そんなことよりも、自分の能力がその人のおかげで上がることを有難く思いましょう。

その人が仕事をしないおかげで、自分のスキルが上がるのです。

その人のおかげで、ホントに職場が嫌になったときにスキルの高くなったあなたは

転職先が見つかりやすくなっているのです。

ありがたいことです。

 

まとめ

262の法則は存在します。

わたしはアルバイトも含めて10個以上の職種を経験してきました。

そのなかで、かならずこれはありました。

なので、262の法則を信じている・・というか、存在してます。

 

現状を嘆くよりも、あなたのスキルが上がったほうが絶対良いと思います。

262の法則。

内容を知っていただいて明日からの仕事に活かしていただければ幸いです。

それでは。




_______________

ヨネカワ治療院は年中無休で開院している
治療院です
お身体の不調、つらい部位を
整体技術・整復技術・さらには専門的な
アドバイスにて適切に対応してまいります。
ぜひご相談ください

保有資格:
◎柔道整復師免許
◎ヨガインストラクター資格RYT200
◎上級心理カウンセラー資格

その他の活動
◎ヨガインストラクター育成講座 解剖学講師
◎オンラインヨガ育成講座 メンター業務

ヨネカワ治療院
年中無休
(予約がないときに出かけていることあり)
〒309-1626
茨城県笠間市下市毛1008-1
09041378522
予約はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA