体が硬いのは食べ物の影響では?

以前から行われているダイエット企画参加者とは別に、

明日で3週間になる参加していただいている方がいます。

本日、3週間ぶりにヨガを受講していただきましたが、

驚きました。

体が柔らかくなっているのです。

ひいき目に見た訳ではなく(そういうのはデータの邪魔です)、たしかに以前よりヨガポーズの深さが増しています。

現在、4キロほどの減量に成功しており、たしかにお腹の肉やらその他の脂肪やらが落ちたからかもしれません。

しかし、ダイエット企画に参加していただいている全員に言えるのが、「筋肉が柔らかくなっている」ということです。

触っても柔らかいし、今日のヨガを見る限り動きも柔軟になっています。

なぜ柔らかいのでしょうか?

 

ヨネカワ人間研究所の見解にですが、

体に悪そうなものを食べていないことが要因だと考えています。

「こういったのを食べてください。」とお伝えしたものの中身は、砂糖を使ったり、そのほかトランス脂肪酸などは通常よりかなり少なくなっていると思います。

調味料も少なめの方のはずです。

食べ物の変化が筋肉を快調にさせているのではないかと考えていますが、みなさんはどうお考えでしょうか。

 

なんにせよ、体重減少よりも体調が良くなるのが一番です。

目先の体重に囚われず、引き続き頑張っていきましょう。

体のご相談があればヨネカワまでお尋ねください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA