ダルシムとヨガ

わたしの世代はみんなストリートⅡ(通称:ストⅡ)という格闘ゲームが大好きでした。

 

そのストⅡの中でインド代表の格闘家として出てきたのが、

『ダルシム』です。

画像元:ダルシムはスト2史上、最強キャラだ!! (hadousyoryu.com)

 

ダルシムは丸坊主で、テイスト的にはインドの僧侶みたいな感じです。

いかにも神様に近いですーというような雰囲気を出していますが、

こやつ、たいへんな間違いを犯しているのです。

 

それは、『暴力』です。

ダルシムは、「ヨガ~」とか言いながら、人を蹴ったり殴ったり、時には口から火を吐いて

相手を火だるまにしてしまいます。

 

ダルシム!!

ソレハ、ダメダヨ!!

 

ここでヨガについて少し解説ですが、

ヨガは、一般的にはやわらかいポーズをやってるイメージだと思いますが、

中味は哲学です。

ポーズは、その哲学の一部なわけです。

その哲学で初めのころに習うのが、八支則というもの。

 

八支則(8つのこと)

①ヤマ =やってはいけないこと

②ニヤマ =やったほうがいいこと

③アーサナ =ポーズ。意識を内側に向ける準備

④プラーナヤーマ =呼吸

⑤プラティヤハーラ =感覚の制御

⑥ダラーナ =一点に集中

⑦ディヤナ =瞑想状態

⑧サマディ =悟りの境地

 

八支則のなかの①ヤマ(やってはいけないこと)の中にあるのが・・

<非暴力>(他人も自分も傷つけてはいけないよ)

 

・・・やっとるがな!ダルシム!!!

 

人のこと殴ったり火をつけたりしとるがな!!

 

と、どうしたのダルシムと思ってWikipediaを検索したところ、

このような記述がありました。

『・・寡黙で心優しい聖者で、自身の技を戦いの道具として使うことに迷いを感じながらも、自分を必要とする家族や村人たちのために戦う。・・』

Wikipediaより-

そうか。どうやらダルシムは仕方なく戦っているらしい。

仕方ないのか・・。

いや、仕方ないのか?!

 

とりあえず、ひとつ言えることは、

何事も(ダルシムみたいな聖者だって)うまくいかないことはあるってこと。

数千年前からあるヨガ・スートラといういわゆる経典の中には、現代を生きる人たちと同じような悩みについて、傾向と対策が書かれています。

昔も今も、同じようなことで悩んでいるのね。人間って。。

さあ!

そんなわけで、明日も楽しくお過ごしください。

 

今日もお疲れ様でした。




_________________________

ヨネカワ治療院は年中無休で開院している治療院です
お身体の不調、つらい部位をぜひご相談ください
必ずチカラになります

ヨネカワ治療院
年中無休(予約がないときに出かけていることあり)
〒309-1626
茨城県笠間市下市毛1008-1
09041378522
予約はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA