坐骨神経痛の根本解決 ~中編~

前編の梨状筋と中殿筋の話をさせていただきましたが、

本日読んでいたネット記事にとーってもおもしろいことが書いてありました。

一般的に股関節内旋筋の主な動筋は、小殿筋前部線維・中殿筋前部線維・大腿筋膜張筋であるが、KAPANDJIらによると梨状筋は股関節屈曲60度以下では外旋筋,60度以上では内旋筋として働くと報告している。

股関節内・外旋筋出力の優位性についての一考 (jst.go.jp)

なんと!

どえらいことが2つも書いてあります!

ちょっと専門的なことばが続いているので、解説が必要かと思います。

ごめんなさい。

後編で出来るだけ分かりやすく説明しますので、今日は

”すごいことがわかったよ~!!”とだけお伝えさせてください。

では、おやすみなさい。

梨状筋と中殿筋の図  資料:YOGAアナトミー筋骨格編




___________________

ヨネカワ治療院は年中無休で開院している治療院です
お身体の不調、つらい部位を整体技術・整復技術・さらには
専門的なアドバイスにて適切に対応してまいります。
ぜひご相談ください
必ずチカラになります
保有資格:
◎柔道整復師免許
◎ヨガインストラクター資格RYT200
◎上級心理カウンセラー資格

ヨネカワ治療院
年中無休(予約がないときに出かけていることあり)
〒309-1626
茨城県笠間市下市毛1008-1
09041378522
予約はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA