ヨガのポーズ修正例vo.3 【タダ・アーサナ】

  ヨガのポーズの中でも基本のポーズです。
名前の通り、ただ立ってるだけのような・・
いえ、このポーズは一番基本で一番難しいポーズなのです。

こちらの方は『腸腰筋』という骨盤の内側と腰の骨とにくっついている筋肉が短くなってしまい、
「股関節を少し曲げてるほうが自然でラク」という姿勢になっています。
その姿勢にてカラダが動きやすいように筋肉が発達しているため、
よりこの姿勢でいることが多くなっています。

お尻が出っ張っているように見えますが、
股関節が曲がっているためです。

腸腰筋が短くなっていて伸びないため、立った姿勢で股関節が曲がっている
腸腰筋はこのように付いている

まずは腸腰筋が本来の動きや伸びを取り戻すことが必要です。
骨盤や腰の骨を動かさずに股関節だけを後ろに伸ばすようにして、腸腰筋のストレッチを行います。

筋肉が本来の伸びを手に入れるまでには時間がかかります。
あせらずに毎日続けましょう。

修正後の画像



タダ・アーサナはホントに奥が深く、
足幅やそのほかたくさんのことを意識する必要がありますが、
今日はこの股関節についている腸腰筋についてお話ししました。

またそのうち、タダ・アーサナについてお話ししたいなと思います。
それでは、また明日。





ヨネカワ治療院は年中無休で開院している治療院です
お身体の不調、つらい部位をぜひご相談ください
必ずチカラになります

ヨネカワ治療院
年中無休(予約がないときに出かけていることあり)
〒309-1626
茨城県笠間市下市毛1008-1
09041378522
予約はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA